弁護士費用はどのくらいかかるの?不倫の慰謝料請求の弁護士費用を説明します。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 不倫の慰謝料を請求したい、というときに気になる弁護士費用について、ご相談からご依頼に至る流れに沿って、弊事務所の費用を例に、ご説明します。

相談料がかかる場合があります。

 弁護士へ依頼しようか迷われて、弁護士に話を聞きたい、というときに、相談料がかかるケースがあります。

 あいなかま法律事務所では、初回相談料は無料とさせていただいておりますが、弁護士事務所によっては相談料(30分5000円が多い印象です)がかかります。

 相談料をもらう事務所の考え方は、弁護士との相談で法的なアドバイスを受けるのが、相談だという位置づけなのだと思います。

 相談料を無料にしている弊事務所を含む事務所の考え方は、弁護士との相談は、法的なアドバイスをしつつ、弁護士に依頼するかを検討してもらうという位置づけだといえます。

着手金がかかる場合があります。

 弁護士の費用は、相談料を除くと、多くは着手金と成功報酬金という2段構えになっています。

 着手金は、事件をご依頼いただいた際にいただく費用です。弁護士の業務遂行にあたって成果に関わらずかかる費用という位置づけといえます。

 しかし、着手金がかかることから、ご依頼を躊躇されてしまう方もいらっしゃいます。そのため、一部事務所では、不倫の慰謝料を請求する場合には、着手金をいただかない、という運用をしているケースもあります。

 ただし、着手金がない分、成功報酬金が高額となっているケースもありますので、注意が必要です。 

 弊事務所では、不倫の慰謝料を請求する場合には、着手金をいただかず、その分の費用を成功報酬金に(定額報酬として)加えていただいております。

成功報酬金がかかります。

 成功報酬金は、ご依頼が終了した際にいただく費用です。依頼を受けた事件の解決の成果に応じていただく費用という位置づけです。

 成功報酬金は、成果に応じて、その受け取る金額の●%という形で決めている事務所が多いといえます。

 どのような場合に成功報酬金がどの程度発生するのかは、ご依頼をする際に取り交わす契約書に記載されておりますので、ご確認の上、不明な点があればその場で弁護士にご確認ください。

出張費、出廷費がかかる場合があります。

 弁護士が裁判に出廷する場合や、その他の理由で相手方のところなどに訪問する場合、出張費、出廷費をいただいていることがあります。

 場合によっては、着手金等に含まれていることもありますので、ご契約の際にご確認ください。

その他実費がかかります。

 その他、ご依頼を遂行する際にかかる各種実費の負担をお願いしている事務所が多いと思います。

 場合によっては、ご費用に含まれているので別途実費は掛からないというケースもありますので、ご確認ください。

弊事務所で不倫慰謝料請求をした場合にかかる金額

 ここでは、一つの例として、弊事務所で不倫慰謝料請求をして、和解により200万円の慰謝料を獲得した場合にかかる費用をご紹介します。

慰謝料請求スタンダードプラン

不倫の慰謝料の請求のための交渉、裁判に関する手続きが含まれます。 交渉と裁判が一体となっていることにより、交渉がうまくいかなかった場合には速やかに裁判へ進むことができます。

本プランに含まれるもの

  • 不倫慰謝料請求に関するコンサルティング
  • 相手方との交渉
  • 不倫慰謝料請求に関するご相談(回数無制限)
  • 内容証明郵便作成
  • 訴状作成
  • 準備書面その他裁判所へ提出する書面作成
  • 裁判への出廷(別途出廷日当がかかります。)
  • 和解書作成
  • その他

費用

着手金 0円
報酬金 20万円+合意した金額の16%

慰謝料を請求されている場合

不倫の慰謝料を請求されている場合の、交渉及び相手方から起こされた裁判への対応が含まれます。 裁判への対応まで含まれているため、安心してご依頼いただけます。

本プランに含まれるもの

  • 不倫慰謝料請求に関するコンサルティング
  • 相手方との交渉
  • 不倫慰謝料請求に関するご相談(回数無制限)
  • 準備書面その他裁判所へ提出する書面作成
  • 裁判への出廷(別途出廷日当がかかります。)
  • 和解書作成
  • その他

費用

着手金 20万円
報酬金 減額分の10%(ただし,最低報酬金を10万円とさせていただきます。)

相談料

無料です。

着手金

無料です。

成功報酬金

20万円+200万円×16%=52万円(税別)

その他実費

 裁判になる前段階では、郵送代程度しかかかりませんので、数千円程度になると思われます。

合計金額

52万円×1.1(消費税)+実費=57万2千円+実費

程度になると見積もられます。

 獲得金額や、話合いの経緯、裁判になった場合など、金額が変動となる可能性がありますので、ご留意ください。

まとめ

 聞きづらいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご依頼される前に、きちんと弁護士費用を確認された方が、ご納得してご依頼できると思います。

 私も、ご契約にあたっては、必ず、ご費用についてきちんとご説明し、ご不明な点があれば納得いくまでご説明させていただいております。

 実際にご自身のケースで弁護士費用がどの程度かかるのか気になる方は、あいなかま法律事務所の無料法律相談をご利用ください。

 土日、平日夜間もご相談可能です。